お役立ち情報

児童発達支援・放課後等デイサービスの選び方(6つのポイント)

  • LINEで送る

児童発達支援放課後等デイサービスは、地域にいくつもあり、事業所によって特色や雰囲気も違うため、お子様にあった事業所を選ぶのも慎重になりますよね?

ここでは、そんなあなたに、児童発達支援や放課後等デイサービスを選ぶ6つのポイントについてわかりやすくご紹介します。

これは実際に、児童発達支援・放課後等デイサービスに子どもを通わせる筆者が事業所を選ぶ際にポイントにした内容です。

この記事を参考にして、お子様にあった事業所をぜひお探しください。

児童発達支援・放課後等デイサービスを選ぶ6つのポイント

1.定員の空き状況

まずは最寄りの児童発達支援・放課後等デイサービスに空き状況があるかどうかをチェックしましょう。

どんなによい事業所があったとしても、定員に空きがなければ入ることはできません。人気の事業所は定員がいっぱいの場合もありますので、まず定員に空きがある場所を調べます。

自治体の児童福祉課や地域の児童福祉相談員などに問い合わせると、定員が空いていておすすめの事業所を教えてくれることが多いです。

2.見学・体験会の有無(対応のスムーズさも重要)

見学・体験会を定期的にやっているかどうかもチェックポイントです。見学・体験会を実施している事業所は、通所も比較的スムーズに行えることが多いです。

事業発達支援・放課後等デイサービスに通所するまでの流れは、以下の通りです。

通所までの流れ

  • お問い合わせ
  • 見学・体験会への参加
  • 曜日ごとの空き状況の確認
  • 利用希望報告を自治体(児童福祉課)に提出
  • 受給者証の発行
  • 事業所との契約
  • 通所の開始

お問い合わせから、見学・体験会までに時間がかかってしまう事業所は、なかなか通所までスムーズに進まないのが現状です。

その間に、通所したい事業所の空きがなくなることもよくあります。

見学・体験会までの流れがスムーズな事業所は受け入れ態勢もしっかりとしており、通所までも丁寧に対応してくれるところが多いです。

3.送迎の有無(通いやすさ)

自宅からの通いやすさや交通の便についてもチェックしておきたいところですよね。児童発達支援・放課後等デイサービスまでは自家用車で送迎する場合もありますが、事業所に送迎サービスがあると、さらに通いやすくて便利です。

例えば、放課後等デイサービス(小学生が対象)の場合は、小学校から事業所にお子様を送ってくれ、帰りは自宅まで送り届けてくれます。

また、児童発達支援事業所(未就学児が対象)では、保育園・幼稚園からいくつかの送迎パターンで対応してくれる事業所もあります。

参考として、児童発達支援・放課後等デイサービス「チルハピ」の場合をご紹介します。

保育園からの送迎パターン(4通り)

午前プラン

  1. 9時~10時 事業所が保育園に迎え → 通所 → 給食前に保育園に送り(※送りの時間は保育園の給食時間に合わせて設定)
  2. 9時~10時 事業所が自宅に迎え → 通所 → 給食前に保育園に送り(※送りの時間は保育園の給食時間に合わせて設定)

午後プラン

  1. 14時~15時 事業所が保育園に迎え → 通所 → 17時~18時に自宅に送り・・・通所日は(保護者が)保育園に迎えに行かなくてよいので便利
  2. 14時~15時 事業所が保育園に迎え → 通所 → 17時~18時に保育園に送り

幼稚園からの送迎パターン(2通り)

※幼稚園の場合は午前~14時の時間がメインなので午後プランに該当

  1. 14時~15時 事業所が幼稚園に迎え → 通所 → 17時~18時に自宅に送り
  2. 14時~15時 事業所が自宅に迎え → 通所 → 17時~18時に自宅に送り

未就園児の場合の送迎パターン

  • 9時~10時 事業所が自宅に迎え → 事業所に通所 → 12時~13時に自宅に送り

このように、利用者に合わせた送迎サービスをしてくれるところもありますので、直接事業所に相談してみることをおすすめします。

送迎サービスがあると、親が送迎する手間がかからない分、家庭のこともできるので、かなり便利ですね。

また、送迎の時間を通して、事業所のスタッフの方とも関係性を深めることができ、お子様の成長にもプラスになる側面もあります。

4.支援プログラムの内容

支援プログラムの内容もチェックしておくべき内容です。児童発達支援や放課後等デイサービスでは、お子様の症状が重度か軽度かによって支援内容が異なります。支援プログラムの内容にも、遊びや運動・音楽・学習・療育など、さまざまな種類があります。

支援プログラムの主な種類

  • 学童保育タイプ(学校の宿題・遊び・自由時間など)
  • 運動タイプ(運動・からだ遊び・レクレーションなど)
  • 音楽タイプ(リトミック・楽器・オリジナル体操など)
  • 学習タイプ(勉強・学習を中心としたプログラム)
  • 療育タイプ(作業療法など一人ひとりに合わせたプログラム)

児童発達支援・放課後等デイサービスによって特色が違います。どれか一つだけのプログラムというよりは、曜日や対象によって複数の種類のプログラムを実施している事業所が多いです。

お子様の特性に対して、どのような支援プログラムが効果的かをかかりつけの医師や相談員などに相談しながら検討していくとよいでしょう。

5.スタッフや施設の雰囲気

いくつか、よさそうな児童発達支援や放課後等デイサービスが見つかったら、実際に問い合わせて見学に行ってみることをおすすめします。

どんなに事業所の特色やプログラム内容を文面で調べても、実際に行って体験することにはかないません。

また、施設の外観や内装・設備などを実際に見ておくことも大切です。定員の人数に対して十分な広さがあるのか、安全面や衛生面などの配慮があるのかも大事なポイントです。

よい事業所があったら積極的に連絡し、日程を調整して見学に行ってみましょう。

見学に行くと、事業所の責任者がお子様の状況をカウンセリングして適切なアドバイスをしてくれます。

また、お子様が実際に支援プログラムを体験する様子を見ながら、総合的に評価することもできます。

6.子ども本人の気持ち

最後は、子ども本人の気持ちも大きいです。

どんなに親がいい事業所だと思っても、子ども本人が気に入らない・行きたくない場所であれば、そこに通うのはおすすめしません。

おそらく、保育園・幼稚園や学校でも周囲となじめない体験が一度や二度、お子様にもあったことかと思います。

そういった中で、抵抗感のある環境に新しく飛び込んでいくのは、とてつもなく勇気がいるものです。

最後はお子様本人の気持ちもよく確かめてから、事業所は選ぶようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介した児童発達支援・放課後等デイサービスの選び方についてまとめておきます。

児童発達支援・放課後等デイサービスを選ぶ6つのポイント

  1. 定員の空き状況
  2. 見学・体験会の有無(対応のスムーズさも重要)
  3. 送迎の有無(通いやすさ)
  4. 支援プログラムの内容
  5. スタッフや施設の雰囲気
  6. 子ども本人の気持ち

私も親として実際に経験しましたが、児童発達支援・放課後等デイサービスを選ぶのはとても悩むものです。

大切なお子様のことですから、納得いくまでぜひ検討して、お子様の特性にあった事業所をお選びください。

以上、児童発達支援・放課後等デイサービスの選び方(6つのポイント)でした。参考になれば幸いです。

  • LINEで送る

チルハピの見学・体験会のご案内

チルハピは、仙台市で初の音楽療育を中心とした児童発達支援・放課後等デイサービスです。私たちは、お客様のご都合に合わせて随時見学・体験会を開催しています。以下のような方におすすめです。

・お子様の特性にあった事業所を探している
・児童発達支援について詳しく知りたい
・音楽療育に関心があって一度見てみたい


お子様のことでお悩みやご相談があれば、ぜひ一度お問い合わせください。療育の専門スタッフが親切に対応いたします。

 

チルハピの見学・体験会の詳細はこちら

コメントを残す

*